【賢島(三重県志摩市)】人生に疲れたら、癒しの志摩の海に行こう。

この記事は約1分で読めます。

【賢島(三重県志摩市)】人生に疲れたら、癒しの志摩の海に行こう。

三重県に志摩市ある、賢島
(かしこじま)。
面積0.66平方キロメートル、周囲7.3キロメートル、標高30メートル
人口98人(2016年1月現在)。
志摩の南部にあって、英虞湾(あごわん)に浮かぶ島。
英虞湾の中でも面積が一番大きな島。
古い時代の遺跡は残るが、耕作の島であったというが、
大正時代までは、無人化していたという。
しかし、昭和4年、賢島に志摩鉄道が開通。
人が入るようになって、開発が進み、戦後はリゾートホテルが開業し、
島は観光産業を中心に大変賑やかになっていく。

現在の賢島には、近鉄特急が直接乗り入れ、
大阪や名古屋からもアクセスがよく、
リゾート施設の整備が進んでいる。
のどかさは、今一かもしれないけれど、
観光地の独特の雰囲気を感じるのは
いいかもしれない。

島の散歩

タイトルとURLをコピーしました