国内旅行旅行グッズ

国内旅行にスーツケースは必要?それともいらない?スーツケースのメリット・デメリットは?

この記事は約8分で読めます。

みなさんは旅行に行かれる時、何に荷物を入れて持ち運びますでしょうか?

スーツケース派、カバン派、リュック派などあなたはどれに当てはまりますか。

長期間の海外旅行であれば、多くの人がスーツケースを選択されると思いますが、国内旅行の場合は意外と悩む場合が多いと思います。

そこで本記事では、国内旅行にスーツケースがいらない場合こんな場面ではスーツケースが活躍するよ!といった実際の事例をご紹介させていただきます。

この記事を読めば、スーツケースのメリットやデメリットが丸わかりです!

この記事の内容
・国内旅行の際にスーツケースがいらない理由
・国内旅行の際にスーツケースがあると良い場合
・国内旅行の際におすすめのスーツケースのサイズやブランドは?
・まとめ

国内旅行でスーツケースがいらない理由


写真AC

初めはスーツケースが不要なシーンから!

1人での国内旅行ならスーツケースは不要ですね!

治安が海外に比べ安全なため、鍵をかけて荷物を保管する必要がない

海外旅行に行く際は「ハードタイプのスーツケース」を選ばれる人が日本では圧倒的に多いです。荷物がたくさん入る!と言ったメリットの他に、頑丈なボディーのため安全面を考慮して選ばれている方が多いためです。

海外は日本と違い、荷物の盗難リスクが桁違いに上がります。また、リュックなどの簡単に空いてしまうカバンの場合、不審物を入れられて気づかぬうちに運び屋にされてしまう恐ろしいケースも過去には実際に起きています。

メルボルン事件
メルボルン事件とは、1992年6月、オーストラリアのメルボルン空港で日本人観光客らの所持するスーツケースから大量のヘロインが発見され、有罪判決を受けた事件
ウィキペディア(Wikipedia)より引用
しかし、国内旅行であればこういった問題やトラブルに巻き込まれる可能性は格段に低くなります。また万が一の際にも日本語で警察などに相談ができるため、安心です。
このように治安の面からも、スーツケースのメリットが小さくなるため国内旅行でスーツケースが不要な1つの理由となります。

航空機の機内持ち込みできる荷物に、大きさ・重さに制限があるため

飛行機に乗る際、預け荷物は受け取りに時間がかかるので手荷物だけにしたい!と思われる方が多いのではないでしょうか。特に国内旅行の場合、観光だけではなくビジネスなど時間が限られた場合も多いですよね。

また、LCCを利用する場合は「荷物を預けると追加料金が取られてしまうから嫌だ!」と言う人も多いかと思います。(私もその1人です。)

そんな時は手荷物にして機内に持ち込みを考えますが、日本のほとんどの航空会社が、機内に持ち込める手荷物の量は7〜10キロまでと定めています。

スーツケースの場合、本体だけでも2〜3キロ程度の重量があるため荷物を入れられる量に制限が出てきてしまいます。こういったシーンの場合も、スーツケースより重さの軽いカバンやリュックがオススメです。

必要な物があれが旅先でも簡単に購入出来るため

海外旅行の場合、日本とは環境や文化が異なるため旅先で必要な物が出てきてもすぐに購入をすることはなかなか難しいです。そのため、不安だから色々持っていこう!と思ってしまうと荷物が必然的に増えてしまいますよね。

しかし、国内旅行であれば必要なものが出てきた場合でも、コンビニなどで気軽に購入できる場合が多いですよね!このように、家から色々と持っていかなくても旅先で調達できるため荷物を少なくすることが国内旅行では可能です。

旅先でいろいろな物を調達できると考えた場合、ここでもスーツケースは不要といえます!

国内旅行にスーツケースがあると良い場合


写真AC

それでは次は、こんな場面ではスーツケースがおすすめ!と事例も見ていきましょう。

家族旅行など1つのかばんで沢山の荷物を運びたい場合

小さなお子様を連れて旅行に行く場合はスーツケースが断然おすすめです。お子様をお母さんが抱っこし、お父さんが荷物を運ぶといったよくあるシーンを想像してみてください。

こういった場合、できるだけ荷物の数は最小限にしたいですよね!スーツケースであれば、大型のものを1つ購入すれば家族分の荷物を1つに収めることが可能です。また車輪も付いているので、運搬の際の負担も最小限におさえることができます。

疲れた時は子供をスーツケースの上に座らせることも出来ますね!

空港からホテルへ直行するなど、荷物を持ち運ぶ時間が短い場合

スーツケースで長時間荷物を運ぶ場合、階段や段差などにつまずき思っていた以上に運びにくい!と言った経験をしたことがあると思います。そんな場合は、リュックなどを選ぶのが正解です。

反対に、空港からレンタカーを借りて移動する場合やホテルへバスで直行する場合など荷物の運搬が殆どない旅行もあるかと思います。そんな旅行では、スーツケースがおすすめです。重い荷物もキャスター付きでらくらく運べます。

また、カバンと比較して大容量であるだけでなく、ある程度適当に荷物を詰めても型崩れすることなく自宅まで持って帰ることも出来ます。箱に入ったお菓子などをお土産にした場合でも安心です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ᵃˢᵃᵐⁱ⚮̈(@hamppu_mi)がシェアした投稿

天候が悪く、荷物が汚れそうな場合

雨の日にリュックを背負っていたら、中身までずぶ濡れ・・・そんな嫌な体験をしたことが誰しもあるはずです。まして旅行中に荷物が濡れてしまったら、大変ですよね!

そんなことを防ぐために、天候の悪化が予想される場合はハードタイプのスーツケースをおすすめいたします。ハードタイプスーツケースであれば、中にまで水が浸透する事は殆どありませんので、雨の日でも安心して荷物を運ぶことが出来ます。

また多少の泥汚れなども雑巾で拭いてしまえば簡単に落とすことが出来るのも、ハードタイプのスーツケース魅力の一つです。

国内旅行おすすめのスーツケースのサイズやブランドは?


写真AC

スーツケースを選ぶ時はどんな物が良いのだろう?大きさも、どれが良いのかよくわからないな・・・

国内旅行におすすめのスーツケースをご紹介させていただきます!

1〜2泊の旅行の場合:35L以下のスーツケース

スーツケースの選び方|スーツケース、ビジネスバッグ/サムソナイト(Samsonite)公式サイト

スーツケースの大きさは「容量=リットル」で表されています。購入の際は、この数字に着目するのがポイントです。

スーツケースメーカー大手の、サムソナイトの公式ホームページによると1泊の容量の目安が10リットルと言われています。そのため1泊〜3泊の国内旅行であれば、35リットル程度あれば十分と言えるでしょう。

あまり大きすぎても、容量を持て余したりかさばるだけですので最適なサイズを購入するように気をつけましょう。

軽さを重視するならソフトケースがおすすめ

スーツケースで荷物を運びたいけど、重いものは大変!と思われている方にはソフトタイプのスーツケースがおすすめです!

プラスチックなどの素材ではなく、布で作られたカバンにキャスターがついたような構造となっているため、本体の重量がハードタイプのスーツケースに比べ格段に軽くなっています。

アメリカンツーリスター社から発売されている「APPLITE 3.0S スピナー55 エキスパンダブル」という商品の場合、1泊〜3泊の国内旅行であれば十分な35リットルの容量を確保しながらも、重さがなんと約2キロとなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Booな日常(@boo.be.life)がシェアした投稿

高級志向の方におすすめの「RIMOWA」のスーツケース

高級志向の方やこだわり派のあなたにおすすめのスーツケースブランドが「RIMOWA」です。旅の上級者であれば、知らない人はいない有名スーツケースブランドです。

120年以上の歴史を持ち、飽きのこないシンプルなデザインながらも高級感あふれるその作りから、一度は所持してみたいと憧れの存在として人気を集めています。

お値段は小さいもので、140,000円くらいから購入が可能です。興味を持たれた方はぜひ、公式ホームページをチェックしてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIMOWA(@rimowa)がシェアした投稿

まとめ:短期間の国内旅行であればスーツケースはいらない場合あり!旅行スタイルやシーンに合わせた最適な判断を!

・国内旅行では強固な荷物へのセキュリティー対策は不要

・航空機の機内には持ち込める荷物に制限がある

・必要なものは旅先で調達を!

・小さなお子様連れの旅行にはスーツケースが便利

・軽さを重視したスーツケースは「ソフトタイプ」を購入

・高級志向の方には「RIMOWA」のスーツケースがおすすめ

いかがでしたでしょうか?国内旅行の際のスーツケースが不要な場面と、あったら良い場面どちらもご理解いただけたのではないでしょうか。

これからどんなカバンを買おうか?次回の旅行には何を持っていこうかな?と悩まれている方はぜひこちらの記をで、スーツケース選びの参考にしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました